css/toolbox.css" type="text/css">

Linkclub(リンククラブ)が提供しているブログサービスLinkLog(リンクログ)には、投稿した記事をファイルにエクスポートする機能がありません。Works240でもLinkLogを利用していましたが、ブログ移転のために、LinkLogで公開している記事をMovable Type互換のブログ記事インポートフォーマットでファイルに保存するツールを作成しました。

LinkLog Export Toolの利用方法

LinkLogで公開している記事を、Movable Type互換のブログ記事インポートフォーマットでファイルに保存するには、以下のFORMを利用してください。

1.このFORMを利用する前に、リンクログ設定画面(管理室)にログインし、[ブログ設定]の[標準のスキン]で「ホワイト」を選択して、[設定の保存]をしてください。

cgi-bin/llexp.cgi">

2.次の入力欄に、エクスポートするBLOGのトップページのURLを入力してください。

3.管理画面の「記事の編集・削除」で、記事の一覧ページのソースを表示し、ソース全体をコピーして次の入力欄に貼付けてください。

4.別のブログにインポートした時に、コメントとトラックバックを受け付けるかどうか指定してください。
 コメントを受け付ける 
 トラックバックを受け付ける 

5.出力ファイルの文字コードを選択してください。

6.ここまでの入力内容を確認し、[実行]ボタンを押してください。

7.ダウンロードされる結果は、"mt-export.txt"というファイル名です。

注意事項・制限事項

一度に処理できるのは、「記事の編集・削除」の一覧ページに表示されている記事だけです。記事数が多い場合は、一覧ページを送り、複数回に分けて処理してください。

設定画面と公開している記事のソースを解析して必要な情報を得ているため、以下の制限事項があります。

・公開していない記事はエクスポートできません。
・記事ページに表示されていない情報は、エクスポートできません。
  例)コメント投稿者のIPアドレス
・設定画面やスキン「ホワイト」のhtmlが改訂された場合、正しく動作しなくなる可能性があります。

コメントは記事と一緒にエクスポートできますが、トラックバックには対応していません。

ブログに挿入した画像ファイルを、記事データと一緒にダウンロードする機能はありません。また、画像ファイルのURLを、画像移転先のURLに変換する機能はありません。

トップページのURLの入力値は、以下の様に処理した後に、サイトにアクセス可能かどうかチェックしています。

・半角の空白は削除しています。
・先頭が"http://"でない場合は、"http://"を追加しています。
・末尾が"/"でない場合は、"/"を追加しています。
・先頭の"http://"~次の"/"の範囲をURLとします。

Works240のブログを移転するために作ったツールであるため、LinkLogの全ての仕様に対応している保証はありません。